Weekly Report

週報(05/03-05/09)

関数型言語への招待

You can share this article with

関数型言語の学習とRustとのつながり

Rustで競プロ典型90問の★4まですべて解いた。手続き的な書き方ではおおむね書けるようになってきたので、いよいよRustらしい書き方をしようと感じてきた。

それとは別に関数型JavaScriptという本を読んでいるのだけど、なるほどRustをやっていて なじみ がないと思っていた要素、これらはすべて関数型言語的なパラダイムからくるものであった。

個別に勉強していたものが一気につながった感覚だった。 これまでカリー化、部分適用、ファンクター、モナドなど、ネットで調べてもなにやらとても難しいとされていて煙に巻くものばかりで、的を射た説明がなく困っていた。

おそらく説明者の言語能力が不足しているか本人たちもちゃんと理解していないということかと思うが、本を読んだら「なんだそんなことか」と腹落ちできそうな所まできている。 SEO対策だけ頑張りました系の記事や、よくわかっていない人のポエムに汚染されている昨今、本の価値はますます高まっている。

閑話休題、ともかくいろいろ見ていてわかった。RustはHaskellの影響を色濃く受けている。 Rustは手続き的にも書けるが、関数型のパラダイムを利用してこそ、その価値はより高まるのだろう。

ということで、関数型JavaScriptの本を中断して、そもそものHaskellを学ぶために巷で話題のすごいH本を購入した。これで関数型を「完全に理解した」になる予定。

先週との比較

前回からの変更部分は太字&優先度高い順にソートした表。 終わったものは消す。

whatasistobe/comment
家族サービス天気が悪い日は本気で家事思ったより妻が喜んだ
Rust関数型へのつながりを強く意識関数型らしく書けるようになる
数学ガール確率編を読み始めた面白いのでいろいろ読みたい
社内活動Spring Boot学習の営みを開始頂点に君臨する
典型90問星4まで完了し記事に起こした問題追加時に追記&星5もやる
関数型JavaScript半分以上読んだHaskell本を先に
すごいHaskell読みはじめた関数型完全に理解する
オライリーRust本ほんの少し読んだ読む
競プロレート向上緑(今週も参加できず)水色
Raku(Perl)こたつがめさん配信で興味詳説 正規表現にも絡む
LINUC少しやりたい気分に上半期には取得
けんちょん本の復習グラフのあたり弱いすべてソラで書ける状態
競プロ精選100問#14で停滞1日1問くらいは解きたい
ネットワークの本積読の本が良書だと紹介あり読破し内容理解する
MCP資格DP/AIあたりは未取得できればコンプリートしたい
K8s完全ガイド必要になり少し読んだK8s完全に理解する
Octaveこたつがめさん配信で興味冷静になると優先度は低い
しくみがわかるK8s中盤で停滞K8s完全に理解する
実践コンテナ入門中盤で停滞Docker完全に理解する
CKA/CKAD何もやっていない上半期には取得
マネジメントの会得なにもやっていない組織運営で優秀層に入る
PowerShell完全ガイド序盤で停滞PS完全に理解する
アプリ個人制作知識ばかりで成果物がないできるだけ早く試作を作成する
ブログアクセス数は少ない独自ドメインで10,000PV/M
収入源としてのブログSEOアプデから徐々に回復月に10万円の大台を突破
TwitterフォロワーUP600人ちょい1000人突破

おわりに

関数型の考えに触れて「あ、これ俺が追い求めていた形なのでは?」となっている。敷居が高いように見えていたがむしろシンプル。

本質的なシンプルさのために、はじめに概念的な理解を必要とするもの、非常にワクワクする。

気付いたが、自分は敷居が高いものを理解している状態そのものを好む傾向にある。有り体に言ってしまえば俺TUEEEが好きということだろう。

そう簡単に追いつけない領域に自分をどんどん追いやるのが大好きなんだと思う。しょぼいものはすぐに追いつかれてしまうし、本当の1位を取るというのは非常に困難でしんどい。

副業のフィールド選びでもそうだけど、非対称性が活きる部分に積極的に身を投じているフシがある。

実際、限られた時間しかない人生で満足を得るためには、自分の実力以上の評価を得る必要があって、それには非対称性を追求するしかない。

抽象化された人生の価値基準は、できるだけ時間を割いてよく考えて、若いうちから確立するのがいい。